反物アップサイクル

反物アップサイクルは、2023年からPaletteJapanが取り組みはじめた新しい事業です。伝統工芸の美しい布が規格外品として廃棄される前に、皆の手で新しい命を吹き込み花咲かせてみませんか?

Upcycling project is a new business PaletteJapan has started in 2023.
Before beautiful fabrics of traditional crafts are disposed of as out-of-spec products, why don’t we all revitalize them and make them bloom?

花いろは×堺注染お取り扱い店舗

なぜ、つまみ細工?そしてなぜ注染染め?

「つまみ細工」という伝統工芸を趣味で始め、作る事に夢中になった私は「地元堺市にも素敵な伝統工芸があるのではないか?」そんな思いから堺市の伝統工芸品「注染染め」に出会いました。

見学に伺ったその工場の一角で、ちょっとのキズや染めのにじみなどで廃棄せざる負えない状態になっている反物生地を見つけ、この伝統染めも人の手で一枚一枚作られたもの、だから捨てられて欲しくない。そんな思いがこみ上げてきました。

When I started the traditional craft of tsumamizaiku as a hobby, I wondered, “Isn’t there a wonderful traditional craft where we live, in Sakai City?”
That is how I came across “Chusen dying”, a traditional craft of Sakai City. I visited one of the factories and found some rolled fabrics pushed off to the side that had to be discarded due to slight scratches in the dyeing process. I felt that this traditional dyed fabric was made by human hands one by one, so I did not want them to be thrown away.

反物アップサイクルへの熱い想いがこみ上げた

少しのキズやにじみなどで通常の形で販売できない反物たち・・・不良個所だけ切り取ればいいのでは?
と考えがちですが、そもそも「反物(たんもの)」とは着物一着分の布を巻いたもの。
そして今回の場合は浴衣になる予定でした・・・

わずかなキズでも仕立てたときに、それが目立つ位置にきてしまう可能性があり、やはりキズの部分だけカットするというわけにはいかないのですね。

さらに検品するのにも非常に手間がかかるため、少しでも傷があればまるごと廃棄せざるを得ないと聞き、さらに「もったいない!これは何か自分たちの工夫で上手く蘇らせる事ができないものか?」を考えました。そこからこの反物アップルサイクルプロジェクトが始まります・・・

You may think “Why not just cut out the slightly scratched part?” However, A “tanmono” is a roll of cloth long enough to make one kimono. And in this case, it was supposed to be a yukata(summer Kimono)…Even the slightest damage could be noticeable when it’s is tailored.

反物アップサイクル01

美しい生地が捨てられる前にみんなできれいな花を咲かせよう

注染という技術で手間をかけて作られた生地は糸の芯までしっかりと染まり、表も裏も発色が美しいのが特徴。
それならば、小さくカットしてつまみ細工に加工すれば、この美しい染め色を活かすことができるのでは?
そんな思いつきをお話したことがきっかけとなり、工場の方に特別なご協力をいただいて、堺注染を使ったつまみ細工を作りました。

ただ、私がこの生地を使って作るだけでは消費する生地はほんの少しで、工場からでる廃棄の貢献にはなりません。
そこで思いついたのが「つまみ細工キット」
そう!「キットにしてみんなに作って楽しんでもらい花を咲かせよう!」と考えたのです!!

The traditional fabric is dyed to the very core of the threads, and both the front and the back have beautiful colors by Chusen dying,
We thought it would be possible to make the most of these beautiful colors by cutting the fabric into small pieces for crafting Tsumamizaiku.

反物アップサイクル02
あなただけの「花いろは」を咲かせよう

このつまみ細工キットは、生地の模様や色の出方がすべて違う世界にひとつだけのお花ができます。

数枚の四角い生地が人の手で花に変わる
「一から人の手で作りだす」と言う意味で、「花いろは」と名付けました

自分たちの手で命を吹き込んだお花のブローチを愛着を持って身に着けてほしい・・・そんな思いです

このキットを通じて、堺の伝統工芸である「注染染め」そして伝統工芸「つまみ細工」もたくさんの方に知ってもらいたいです。

そしてキットのつまみ細工は伝統工芸の手法に独自の工夫を加え「ピンセットなしで誰でも簡単につまみ細工体験」ができる形にし、
子供や高齢者だけではなく外国人にも分かりやすいくらいとても簡単なつまみ細工キットにしてみました。

ぜひあなただけの「花いろは」を咲かせてください。

This Tsumamizaiku kit “Hana Iroha” is unique to you because the patterns and colors of the fabrics all come out differently, creating your own one-of-a-kind flower.
We name it “Hana Iroha,” meaning the flower made from scratch by human hands. Through this kit, we hope that many people will learn about both the Japanese traditional craft “Tsumamizaiku” and “Chusen dyeing ” We made some changes to the existing method of Tsumamizaiku to allow anyone to experience Tsumamizaiku without tweezers.
The kit is so simple that not only children and elderly people but also foreigners can easily understand it.

反物アップサイクル03